Interior – Mad Monk Bar

 





Mad Monk Bar

2019年11月, 東京

内装工事面積 117.4㎡(厨房15.8㎡)

2019 November, Tokyo Gross Area 117.4㎡ (Kitchen 15.8㎡)

世界を旅し酒を愛した済公。臨済宗の僧でありながら戒律を守らず、風狂で知られる彼はMad Monkと呼ばれ、人々に愛された。そんな済公を敬愛する施主から設計依頼を受けたのは歴史ある人形町のビル地下一階。「世界中の酒と旅人が集まる社交場にしたい」という施主の思いが詰まった空間。

棚が一升瓶で支えられ、瓶の内側から放つ淡い光が壁画のように世界の美酒を照らし、知識ある高僧が陽気な酒飲みに扮するように、希少な蒸留酒も大衆酒と肩を並べる。

店の奥まで長く続く棚は設計から施工まで一貫してデザイナーが担当している。一升瓶で支えられ瓶の内側から放つ淡い光が壁画のように世界の美酒を照らし、知識ある高僧が陽気な酒飲みに扮するように、希少な蒸留酒も大衆酒と肩を並べる。光沢のある黒い壁にすることで、光景を反射させ神秘的な連続性を出している。また、棚のシャープなラインと合わせた高級感あるボックス型のソファーやシャンデリアによりあえて緊張感を与えることでタイムレスな雰囲気を創出している。自由な曲線のバーカウンターや床、テーブルの木目が緊張を和らげシャープとソフトを適度に際立たせつつ融合させている。済公の生き方を表現するように伝統と先進、秩序と自由という相反する世界を化学反応させることがこのバーでの実験的遊戯である。

ジョイントはなく、棚に突き刺さっているだけの一升瓶。棚の厚み18mmに仕込まれたアッパーライト。美しいもの楽しいものは身近にたくさんある。工夫次第で今までになかったようのものも作れる。工夫こそがものづくりの基本である。飲み干した日本酒の一升瓶を棚の構造体として、世界のお酒を支える。

Ji Gong was a Monk of Rinzai sect who loved travel around and alcohol. He was serving God but not obeying the precepts, known for his madness, he was called Mad Monk and was loved by people. The design request was made by the owner who loves Ji Gong.

The shelves are supported by bottles of Japanese sake, and their faint lights emitted from the inside of the bottles illuminates the world’s sake. Ichiro’s malt and Jack Daniel are friends on the same shelf. It’s like a knowledgeable high priest shares a cheerful table with strangers on the street.

The designer was in charge from design to construction.By making it a glossy black wall, it reflects the sight and gives out mysterious continuity. The timeless atmosphere is created by giving a sense of tension to the luxury box-shaped sofa and chandelier synchronized with the sharp lines on the shelves. It is an experimental play at this bar to chemically react the conflicting worlds of tradition and advance, order and freedom to express Ji Gong ‘s way of life.

There is no metal joint. Just bottles that are stuck in the shelves. Lighting fixtures are embedded in the shelves (thickness 18mm) to light from below. There are many beautiful things and fun things around us. Ingenuity is the key. The Japanese Sake bottles support the world’s liquors as shelf structure.